August 07, 2013
IMG_2656.jpg

宿南麻衣ちゃんが今週末公演があることもあり、合間を縫ってではあるけれど、「人の気も知らないで」の稽古がゆっくりスタートしている。
平日昼間に稽古を組めるメンバーっていうのが僕としてもありがたい。
久しぶりの演出。
改めて自分の演出って、「木を見て森を見ず」な進行をしているなぁと思う。
でも再演だから僕も演者も「森」は既に把握しているはずだし、もうしばらく細かく積み上げる作業を続けてみよう。

予約受付中でございます。

diary |  9:40 AM
August 05, 2013
趣味の話。
家の近くのなんでもない靴屋さんでレッドウィングのポストマンが現品限り30%オフっていうのを発見した。現品=僕のサイズ。
今履いてる似たような感じのいわゆるサービスシューズは、ネットで、米軍払い下げみたいなのを1万円で買ったのだけど、レッドウィングは憧れの一品。
親友の劇作家・小原延之さんがコレを持っていて、羨ましいなぁとは思っていたのですが、高いんだもの。
30%オフとの出会いって、ただただ物欲をいたずらに刺激するだけの苦行との出会い。



img57136666.jpg




diary |  22:51 PM
August 03, 2013
iakuの公演がいくつか並行して動いているけど、この数日は11月にやるアイホール演劇ラボラトリー〈上田一軒プロジェクト〉の公演の台本起筆準備に取り掛かっている。

出演者18人。こんな多人数で書くのはいつぶりだろうか。
ビームの後期でも10人くらいだった。
iakuになってからは少人数芝居ばかり書いてきたから、今は無性に楽しみだ。今は...。
たぶん書き出したらすぐに苦しむのだろうなぁ。「多過ぎる!」って言うんだろうなぁ。

お題は"コメディ"。
これも本当に久しぶり。
ビームのときはよく書いていたけど、段々「コメディって何?」って自分の書いてるものが分からなくなってくるくらい「コメディ」に惑わされた。

そんな僕がここに来て、コメディを書く。
何せ「上田一軒プロジェクト」だ。
iakuでは、当然作品の方針は僕がイニシアチブを取っているけど、ラボラトリーではもちろん一軒さん側に主導権がある。

一周してコメディだ。やー、ワクワクする。

というわけで、
僕と一軒さんがコンビ組んでつくる作品の第四弾は、喜劇ですよ!

diary |  17:16 PM
August 03, 2013
8月3日(土)10時より予約開始

iaku(第1回せんだい短編戯曲賞大賞受賞記念)公演
「人の気も知らないで」

作演出 横山拓也
出演 伊藤えりこ(Aripe) 永津真奈(Aripe /ブルーシャトル) 宿南麻衣(遊気舎)

日時 8月31日(土)18時〜/21時〜
   9月1日(日)11時〜/14時〜 (各回25席限定)  
   (受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前)

会場 common cafe

料金 予約2,000円 当日2,500円

予約受付 CoRich予約フォーム
     righteye 電話06-6647-8243(11時〜20時)

人の気も知らないで2013-2.jpg

******************************************

Sun-mallstudio produce 「elePHANTMoon×iaku」
(elePHANTOMoon「ボクがうんこを食べる理由」、iaku「人の気も知らないで」2本連続上演)特設サイト

日時 9月4日(水)19時30分〜、5日(木)19時30分〜、6日(金)19時30分〜
   7日(土)14時〜/19時30分〜、8日(日)14時〜  
   
会場 サンモールスタジオ

料金 前売・当日共3,000円

チケット予約 iaku 専用フォーム

問い合わせ サンモールスタジオ Tel03-5367-5622(平日11時〜18時)

ei1U2.jpg

about information |  10:00 AM
August 02, 2013
12月のiaku vol.4「目頭を押さえた」三重・東京2都市公演のチラシ写真撮影。
夏の物語なので、夏に写真撮影...というわけでもなく。上演は冬だし。
まあ色々と制作的なスケジュールでこの時期に撮影ということになった。
「流れんな」のときよりはマシかもしれない。あれは6月末本番なのに、1月中旬に撮ったから。

今回もカメラは堀川氏に依頼。
堀川くんは去年のABCホールプロデュースのときはチラシのデザインも担当していたのだけど、iakuでは下元氏がデザイン、堀川くんは写真という組み合わせでお願いしているの。

今回も素晴らしい写真を撮ってもらった。
なんと言っても被写体がね。かわいいよね。

記録用にと思ってiPhoneで写真撮ってたら、いゆりちゃんから「横山さん撮り過ぎ」と指摘された。
完全に趣味で撮ってたと思う。


だけど見て、この写真。僕だけのために向けられた笑顔。↓

IMG_2669.jpg





その様子を後ろから堀川くんに撮られるという。↓
 
IMG_1221-02.jpg


まあ、僕もすっかりオッサンというわけです。

チラシは9月に完成予定。
これって関西で配る予定あるのかしら...ないのかしら...。
diary |  23:06 PM
July 10, 2013
「流れんな」大阪公演、福岡公演、共に終了いたしました。
ご来場くださいました皆様、そして、キャスト、スタッフ、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
強い作品になったと思います。

iakuとしては、今年は夏に「人の気も知らないで」、冬に「目頭を押さえた」の再演を行います。
消費されにくい演劇作品の繰り返しの上演を目指して。
「流れんな」の今後の展開にもご期待ください。

IMG_1271.jpg
撮影:堀川高志(kutowans studio)

diary |  2:08 AM
June 27, 2013
iakuは大人のエンターテイメントを作っている。
エロい意味ではない。
大人って、自分の中に存在する野望とか、悪意とか、羞恥心とか、虚栄心とかを巧みに隠して生きている。
巧みに隠しているのに、たまに垣間見えてしまう。
その見えちゃったものを、見ないフリしたり、冗談ぽく指摘してみたり、開き直ってみたり。
そして、そんなやりとりを上手に忘れるようにして生きている。
嗚呼、人間味溢れているなぁ。
「人間味」っていう言葉が好きだ。
それが現れる瞬間を見て、愛おしくなる。
自分ではそんな瞬間おくびにも出したくないのに、他人のそれは慈悲の心で受け止めたい。見つめたい。
演劇なので、そうやって現れたモノから口論を発生させて、醜い姿や哀れな姿をジロジロ眺めてもらう。
っていうのが僕の作品の「核」。
「人間味」が笑えて泣ける。
そんなエンターテイメント。


八尾プリズムホールが広いので、まだまだたくさんのお客さんが入れます。
これが今一番言いたいことです。
diary |  20:26 PM
June 25, 2013
大阪公演直前。「流れんな」に関する動画やサイトを並べてみました。

◎出演者&演出&作家からのメッセージ動画です→出演者メッセージ

◎稽古場の雰囲気を垣間見てください→稽古風景動画「駒田くんもグリグリやったろか」

◎昨年、横山拓也・上田一軒コンビで好評を博したABCプロデュース第3弾!→「目頭を押さえた」感想まとめ

◎3度目の上演となった「エダニク」も横山・上田一軒コンビ! iaku vol.2→「エダニク」感想まとめ

◎密かに動いているiakuのブログ。主にTwitterのまとめです→公演ブログ

◎これは、裏稽古場日誌と言っても過言じゃない!一軒さんと守さんを中心に→今日のスクエア

◎稽古場見学会に来て下さった方がブログに記事を書いてくれました!→稽古場見学会レポート
diary |  9:20 AM
June 24, 2013
「流れんな」の大阪公演、福岡公演のそれぞれ初日の回の終演後に、ゲストをお迎えしてアフタートークを開催します。
終演後5分くらいで開始して、時間は20〜30分程度になる予定です。

大阪公演では、情報誌「プレイガイドジャーナル」の編集長を務められ、その後も関西の小劇場の様々な公演、企画、出版に関わって来られたエディター・プロデューサー・演劇評論家の小堀純さんをお迎えします。良く飲みに連れて行ってはもらっているものの、舞台上でシラフでお話しするとなると緊張します。一軒さんも引っ張り出して、僕らが関西小劇場に関わり出した17年前辺りの話〜そして今、みたいなトークにしたいと思います。

そして、福岡公演では、熊本の劇団きららの主宰で劇作家・演出家の池田美樹さんと、わたくし横山拓也が、作品の話、地域演劇の話、他地域ツアーの話などを中心にお話ししたいと考えています。池田さんとは、サキトサンズ熊本公演でニアミスして、その後、長崎のRAWWORKSの公演「素敵じゃないか」(池田さん演出)のときにお会い出来て、ゆっくりお話ししてみたいと思っていたので、今回のゲスト出演を受けていただいて本当に嬉しいです。

お時間ございましたら、ぜひ公演後のトークまでお楽しみいただけましたら幸いです。


◎大阪公演【6月29日(土)19時公演】
ゲスト:小堀純(編集者)
ホスト:横山拓也、上田一軒

◎福岡公演【7月5日(金)19時30分公演】
ゲスト:池田美樹(劇団きらら)
ホスト:横山拓也 
information diary |  11:00 AM
June 13, 2013
東京のタカハ劇団がはじめて大阪で本公演を打つ。
僭越ながら、パワープッシュ推薦文を書かせてもらいますよ。
僕ファンだから!

作演の高羽さんとは3年くらい前にお仕事でご一緒して、それからタカハ劇団の本公演3本、他団体に書き下ろした作品を1本観させてもらったことがある。
たぶん関西演劇人の中では高羽作品について最も詳しいだろう僕です。
だから説得力3割増でお伝えしたい。

「ブスサーカス」の再演。
去年、渋谷のルデコで上演したのを観たけど、すごい面白かった。
女優陣抜群に上手い。
登場人物全員〝顔が〟じゃなくて、〝人間が〟ブスなの。醜いの。哀しいの。
女性という「動物」が僻地の密室で蠢く。狂気にさらされる。
僕の好きなイヤ〜な空気の会話劇だった。
それでいてきちんとエンターテイメント。そうでなきゃね。
本当に高羽さんてその辺のバランスの取り方が巧み。
めっちゃ恐いのに笑えるんだもんなー。
痛々しい人間関係を観察するのが好きな人、たまらんと思います。
僕もそっち系なので微妙なライバル心ありますが、東京の劇団で面白いところを教えてって言われたら、必ず名前を挙げる劇団です。


去年、僕はiakuの活動方針に則り、大好きな東京の劇団、箱庭円舞曲の大阪公演をサポートさせてもらったけれど、タイミングが合えばタカハ劇団のプッシュイベントなんかも組みたかったくらい。
自分とこの本公演と時期が重なってしまったのでiakuとしては絡めなかったけど、個人的には本当に観てほしいと思う。
6月21日〜24日@インディペンデントシアター1stにて。

去年コモンカフェで箱庭円舞曲観てくれた人(もちろん本公演も)、今年中之島文化祭でオイスターズの短編観てくれた人、分かってもらえると思うんですが、僕の推薦枠の信頼度って高くないですか?

大阪でこういう作品がたくさん掛かって、〝嫌な感じ〟の会話劇の評価が高まって、iakuにもお客さんが流れてきますように!
と、いつも最後は自分とこの宣伝と願望で〆。
diary |  10:57 AM
NEXT 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10