売込隊ビーム所属、劇作家・演出家、横山拓也のブログ
March 18, 2013
先週、MONO「うぶな雲は空で迷う」を観た。
「一張羅窃盗団」という仮タイトルがついていた頃から、なんとなく物語の大枠を聞かせてもらっていて、土田さんによると〝今回はバカバカしい笑いに徹する〟ということだった。
2月に脚本執筆が行き詰まったところで、先の展開のお話相手をやらせてもらった。
土田さんの言うところの「的」という役柄。
喫茶店で途中までの台本を斜め読み。
そして、行き詰まっていると言いながら、ラストまで構想を聞かせてもらう。
そのときは、MONOの15年前の名作「その鉄塔に男たちはいるという」に雰囲気が似ていると思った。

それにしても、土田さん。去年から今年にかけて、舞台だけでも一体何本新作を書いているのか。枯渇しないのかな、と勝手に心配したりする。

さておき、この「うぶな雲は空で迷う」だ。
面白かった。
そうなったか!と拳を握って興奮した。
15年近く土田作品を追ってきた僕として、この作品を強くオススメしたい。

これはオールドファンも初見の方も楽しめるMONOだ。
まだ東京公演が残っているから詳細に書けないけど、この作品は「鉄塔...」ではなかった。
今この〝時間〟の描き方はグっとくる。切ない。
なのに、起筆時の【笑いに徹する】というスタンスが、ちゃんとコメディにする。
だからより切ない。この胸の掻き回され方、たまらないです。
笑って油断していたら、苦しいところに連れて行かれる。

場転が暗転じゃないのも、今回のテーマにカチっとはまっていて、なるほどと思った。
そして、ラストが、ある意味で僕は「鉄塔...」よりも救いがないと思った。
これが〝今〟だと思う。

...枯渇しないなぁ、土田さん。

MONOファンという贔屓目を差し引いても、今回は観に行くべき傑作です。
diary |  11:01 AM
March 17, 2013
途切れてからの放置がすさまじい、iakuブログ。
忙しい公演期間中こそ盛り上げていくべきツールを無駄にしてしまったことを反省。
Twitterの手軽さに負けるな。そのTwitterもそんなにヘビーユースしてませんが...。

エダニクの振り返りはまたやるとして(大抵振り返ると書いて、振り返ったことない)、
今、既に次回作「流れんな」が動き出している。
チラシの校正。

あといくつかアナウンスしないといけないことがあるので、ブログやTwitterを駆使してやっていく所存。

それにしてもツアー貧乏。
個人プロデュースってのは色んな体力がいるなぁ。
diary |  18:56 PM
February 16, 2013
そういえば、ロシアに落ちた隕石のことについて書きたかったのに、スタバのどうでもいいことを書いてしまった。

僕は4年くらい前に隕石の話で一本舞台をやった。
売込隊ビーム「星が降り、夜が来て」。

隕石については相当調べた。
専門家による講座に通ったりもした。
新宿の宇宙村に立ち寄ったりもした。

「人類史上、地球に落ちてきた隕石が人に当たった例は報告されていない」
みたいなコピーをチラシに書いたのだけど、まさか衝撃波の影響で人が傷つくことがあるとは想像してなかったなぁ。

直径が100メートル以内の隕石は、小さすぎて地球からは予め観測できないらしい。
落ちてからはじめて気づくんだって。
直径100メートル以内のやつは地上に到達する前に空中で爆発する。
今回のが直径17メートルって言われてて、この威力だから恐ろしいわ。

海に落ちるのも含めて、年間で2万個くらいの隕石が地球には降ってきていると言われているけど、調べてた当時は1つの隕石が大気圏で燃えて段々小さくなって落ちてくる(それが年間2万個)と思ってた。だけど、今回、空中で爆発して、いくつもの破片になって落ちるんだってことに気づいた。2万個っていう数字は粉砕後の数なんだ。多分。


ふむふむ。



あ。さっきのテラス席の人がコーヒーおかわりしたよ。
気づいたら雪やんだ。隕石降ってきませんように。
diary |  22:53 PM
February 16, 2013
夜のスタバの窓際席。
いつにも増して寒さが堪えると思って外を見たら小雪が舞っていた。
目を凝らすと、すぐそこのテラス席でパンケーキ食べてる男の人を発見。
大丈夫ですか?

それにしても。
毎日タンブラーと280円握りしめてスタバで何時間も過ごさせてもらっているけど、大丈夫だろうか。
お店も、僕も。
ダブルヘッダー(午前中スタバ、一回帰って夜またスタバ)の日なんて、夜はレシートと100円だけ持って訪れたりする。

居心地はいい。
緑のエプロンつけた人たちも優しい。
友達になりたいくらい優しい。
あなた方に何かあったら真っ先にかけつけます。

スタバ万歳。
スタばんざい。
diary |  22:37 PM
February 15, 2013
調子が上がらないなりに、コツコツと書き物を進めている。
仕事しているときの集中力に助けられる。あれ、あったっけ?集中力。


来週、東京・板橋(北池袋)のアトリエセンティオで上演する「エダニク」も、おかげさまで少しずつだけど予約が入ってきている。
最近の傾向として、公演の直近にならないと動き出さないことが多く、気を揉む。それはそれは、揉む。揉みしだく。
ご予定くださっている皆様、ボチボチよろしくお願いします。日曜11時とか、平日15時とかも設定していますし!→予約


さて。
昨日は、前に僕が住んでいた町の最寄り駅で土田さんと待ち合わせして、MONO新作「うぶな雲は空で迷う」についてお話し相手を務めさせてもらった。
どんな感じかは土田さんのブログを参照してください→土田頁
作品のモチーフにいたく共感。しかもそれをバカバカしさで見せるっていうのだから面白い。エダニク京都公演とかぶっているけど、MONOの方が一日長いので、千秋楽に行かせてもらう予定。

的役になったついでに、って言ったら変だけど、特典として(?)、僕の仕事上の悩みや疑問を色々と聞いてもらった。
いつもダウンしそうな時期に土田さんに相談してヒントをもらってるような気がする。
ある程度「僕はこうしていきたいんです」っていうのがあるんだけど、その道の整備の仕方を教えてもらったり、ちょっと背中を押してもらったり。
派手なことは出来ないから、地道に積み重ねていきます。

それにしても、はじめて入った「ピノキオ」っていう喫茶店は、テレビの音量が大きい店だったなぁ。ゼペットじいさん、耳が遠いのかしらん。
diary |  13:22 PM
February 13, 2013
どうにもしっくり来ない日々。
体調もそうだけど、気分とか仕事とか、何かと不安定。
誰かと会ってるときはいいんだけどね。名古屋も楽しかったし。
昨日も高校からの友人と3人で飲んで良い夜だった。それぞれとは数年に一回くらいの割合で会うことがあるけど、3人揃うのは多分15年ぶりとか。それぞれの成長や近況や将来の話。終電まで。


そんな夜も、一人になると急に不安になる。
そういう時期ってありますよね。
だから、「今はそういう時期だなー」って思うようにしているんだけど、この自分のしっくり来ない感を分析してみたりもする。

そうそう思い出した。
たまたま見た作品の一部のアイデア、というかアイテムが、「流れんな」で使う要素と被ってたことだ。
こういうのに直面するとキツい。
もうそれで固めているときに、微妙なアイテムの重複を知ってしまう辛さ。
相手は演劇じゃないし、モチーフも着地点もまったく違うのだけど、知らなければそれで済んだのに...って思うと悔しい。
ここに書けない偶然も重なって、なんだかなぁ...

もう破棄できないところまでプロット固まってるから、もう少し詳細に調べてより深いところに到達させよう。

うん。



......あ!これ。

ネガティブなことをブログに書くのを避けてたけど、文書にすると、答えに辿りつくことってあるね。

そうなんだよ。捨てられないことは決まってるんだから、もっと探究するしかないわけですよ。
少しだけ光明射したかしらん。


他にもいくつかのバッドニュースで複合的にやられていますが、また浮上できるきっかけを捕まえるために、しばらくジタバタしよう。
diary |  22:26 PM
February 10, 2013
火曜日、劇作家の集まり「クオークの会」出席後、扇町へ移動して小堀さん、稲田マリリン、足立チャーハンと定例になりつつある飲み会。僕ら同級生3人の無知さを痛感する夜。午前3時、いつものように小堀さんがグニャグニャになってきたところでお開き。外は大雨。車だったので「小堀さん送ります」って言ったら「お前は中村賢司か」って言われた。とにかく送った。


木曜日は今年初の七夕会。ウォーリー木下さん、またしても稲田マリリンと僕による飲み会。今回はそれぞれがシークレットゲストを呼んでくるというオーダーがあり、劇作家とか演出家とかを呼んでくるような約束だったので、僕は仲良くしてもらっている、はしぐちしんさんに声を掛けた。したら、木下さんはAripeの永津さん、マリリンはsundayの安元さんをゲストに呼んできて、役者やん!って思い、「自分ら安いとこ呼び過ぎやろ」と暴言を吐いて蔑んだ(もちろん冗談です)。楽しい飲み会だったし、作劇の深いところにも話題が及んで僕は結局満足したのだった。


金曜日、劇王を観に名古屋へ。名古屋在住の中学時代の友人宅に泊めてもらい、半年ぶりに飲む。スーパー銭湯に行って併設している食事処で近況報告など。たまに演劇と無関係の友人に会うと社会勉強になって良い。まっとうな感覚に触れることもできるし、自作の登場人物像にフィードバック出来たりもする...。なんてこと考えずに楽しく飲んだ。


土曜日、劇王観劇後に飲み会。Twitterにも書いたけど、愛知、三重、大阪、広島、福岡、長崎の西日本縦断メンバーで。長崎でお世話になったフーズカンパニーの福田さんと、三重でお世話になった油田さんから聞いた太陽族の岩崎さんの話が面白かった。二人は、岩崎チルドレンなのだ。僕も岩崎チルドレンをかじらせていただいているので(何だこの表現)、関西での岩崎さんと、他地域での岩崎さんの差異が興味深かった。←別に悪いことをしてはるとかじゃなくて。岩崎さんと飲みに行きたいなー。

diary |  10:52 AM
February 07, 2013
昨日、台本を提供させていただいた専門学校の公演を観た。
作品は、2008年に売込隊ビームの若手公演に書き下ろした「隙だらけが好きなだけ」の改訂版で「今いる場所が、未来かもしれない」。
このタイトル変更は、2年くらい前に某プロダクションから映像台本がほしいと言われて、同作をリライトしたときに行い、しっくり来たのでそのまま今回も使った。

演出は中川浩三さん。
浩三さんには恩義がある。
あれは2003年だっけ。10年前。
まだ外部のお仕事なんてほとんど受けたことがなかった僕に、某専門学校の公演用の台本のお仕事を振ってくれた。「HOPE」っていうタイトルのオムニバス作品。
同年、その流れで、第一回HEP HALLプロデュース「ケツパン」(原案:中川浩三、演出:大塚雅史)の脚本に抜擢してもらった。


そんな浩三さんから今回、久しぶりにお話しをもらって、最初は「HOPE」を改訂して...ということだったのだけど、キャストの人数的に難しくて「今いる場所が...」に落ち着いた。


そして、これがなかなか面白かった。
僕が4年前にやったやり方とは真逆の「押せ押せ」な感じだったけど、押すことで役者を光らせることができるんだなーって思った。
浩三さんの芝居に対する熱量が伝わってくる演出。
若いからか、みんなキラキラだった。

そんな彼らが「エダニク」とか観たらどんな感想持ってくれるんだろうなぁ。
diary |  13:56 PM
February 06, 2013
【投稿】
チロルチョコのもっともスタンダードな、TIROLって書いてあるコーヒー風味のチョコが好きです。今年は2月中旬にチョコレートのイベントがあるみたいですが、もし何かのはずみで僕にチョコを渡さないといけない人がいるようでしたら、チロルチョコを所望します。

【添削】
内容的に、決して多くを求めている訳ではないのに、妙な言い回しをして目的を果たそうとする欲求が有り有りと見受けられます。また、「今年は」や「チョコレートのイベント」といった、あたかもバレンタインデーを知らないような書き方をする筆致が、姑息で不愉快な印象を与えます。そんなことで巷の女性の気を惹くことはできません。

【リライト1】
バレンタインデーには、チロルチョコ(コーヒー味)をください。好きだから。

【添削】
最後の「好きだから」に作家性を込めようと試みましたね。無駄です。

【リライト2】
いつでもいいので、チロルチョコ(コーヒー味)が食べたい。

【添削】
ただ願望を書けば良いわけではありません。

【リライト3】
何もいらない。

【添削】
なげやりになってはいけません。
diary |  13:35 PM
February 03, 2013
今週は芝居4本観劇。
伏兵コード「木菟と岩礁」、文化庁・日本劇団協議会主催「ウェルズロード12番地」、トープレ「in her twenties」、演劇ビギナーズプロジェクト「フローレンスの庭」。

伏兵コードは、過去本公演のすべてを拝見している僕の印象として、もっとも洗練された作品だった。甘えを許さない、余計なことをさせない、徹底した演出。マリリンが戯曲賞受賞の大きな価値はここに出ていたと思うのだ。偉そうにごめんなさい。また戯曲で読ませてもらいたい。今度の七夕会で頼んでみよう。

ウェルズロードは、土田作品を見逃したくない僕としては日帰り東京出張のタイミングに当たってラッキーだった。坂口さんが出ている舞台を久しぶりに観て、「そうそう、坂口さんはそう!」と思った。七味ちゃんは土田さんや僕の会話劇に出演するときは「女」になるなぁ笑。

トープレは「ドキっ!女優だらけのお芝居」だった。吉川さん、「空と私のあいだ」ぶり。渚ちゃんも「目頭を押さえた」以来。二人とも自然体でとても良かった。上野さんはきっと女性のセリフを書くのが上手いって評価されている作家さんだと思うけど、僕もそう言われることがあるのでライバル心を勝手に燃やしてみる。

フローレンスは、初演も観ているのだけど、出演者を大分絞ったリサイズ版はとても見やすく出来ていた。出演者の皆さんが初心者とは思えないほどに説得力のある身体でそこに立っていた。高橋さんのセリフの強度に助けられていたという印象ではなくて、ちゃんと戯曲に負けてなかった。林くんの丁寧な演出の賜物だろう。

というわけで、今週観た4本は全部アタリ。万歳。
僕もいい芝居作れるようにしゃんとする。
頭痛去れ。


diary |  22:07 PM
NEXT 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14